​ジェラートとは?

​ジェラートは、イタリア語で「凍ったもの」

 イタリアでは、アイスクリーム・シャーベットを

総称してジェラート(凍ったもの)と言われています。

 

イタリアでは通常5%前後の乳脂肪でジェラートを製造するのが一般的ですので、分類・規格ではアイスクリームではなくアイスミルクになります。ジェラートは脂肪分が少ないことからヘルシーな食品であり、原料そのものの風味を生かしていると感じられる物が多いです。

アイスクリーム​とは?

​英語で「凍ったもの(乳使用)」

 日本ではアイスクリームと呼べるものは、法令で乳固形分15%以上、その内8%は乳脂肪でなければならないと定義さています。

​ 日本では、乳固形分・乳脂肪分の割合で、アイスクリーム(乳脂肪分8%以上のもの)、アイスミルク(乳脂肪分3%以上のもの)、ラクトアイス(乳脂肪分3%以下のもの)の3種類に表記が分けられています。

シャーベット​とは?

​アラビア語で「凍ったもの(果物使用)」

 甘くしたフルーツジュース、または、フルーツピューレを凍らせたものを指します。シャーベットは乳固形分3.0%未満の凍ったお菓子とされているので、日本の食品衛生法上は「氷菓」と呼ばれています。

​まとめ

ジェラートとアイスクリームの違いは、

言語と乳脂肪の違い

 もともとは乳製品を氷や雪で冷やして食べるところからスタートしたアイスクリーム。それが世界各国に伝わる中で気候や文化、そして製法などによって様々な種類のアイスクリームが作られたことにより、同じ「凍ったもの」という意味でも、ジェラートとアイスクリームは異なるものと思われているようです。